住宅ローン控除(減税)シミュレーターをご利用の前に

総支払い額を下げるには住宅ローンもネットで比較しておきましょう!金利差0.5%300万円以上の差がでることも!

※借入金額3,500万円で金利が1.1%→0.6%に下がったケースを想定

住宅ローン控除シミュレーター

現在の状態

年収 万円

3,000万円以下が減税対象です。また、銀行での借入の場合は、共働きであっても主たる債務者しか住宅ローン控除の対象になりません。
年収は給与所得の源泉徴収票の支払額です

扶養家族 配偶者

配偶者控除 70歳未満であれば38万円 70歳以上は58万円
*シミュレーションは70歳未満の設定でおこなっています

一般(16歳~18歳)

扶養控除額は年齢により異なります。シミュレーションは下記の設定でおこなっております。
(一般)16歳~18歳 38万円×扶養家族数
(特定)19歳~22歳 63万円×扶養家族数
(老人)70歳以上 58万円×扶養家族数(※同居の直系尊属)
※16歳未満のお子様は扶養家族の対象になりません。扶養控除ではなく「児童手当」が対象となります。

特定(19歳~22歳)

扶養控除額は年齢により異なります。シミュレーションは下記の設定でおこなっております。
(一般)16歳~18歳 38万円×扶養家族数
(特定)19歳~22歳 63万円×扶養家族数
(老人)70歳以上 58万円×扶養家族数(※同居の直系尊属)
※16歳未満のお子様は扶養家族の対象になりません。扶養控除ではなく「児童手当」が対象となります。

老人(70歳以上)

扶養控除額は年齢により異なります。シミュレーションは下記の設定でおこなっております。
(一般)16歳~18歳 38万円×扶養家族数
(特定)19歳~22歳 63万円×扶養家族数
(老人)70歳以上 58万円×扶養家族数(※同居の直系尊属)
※16歳未満のお子様は扶養家族の対象になりません。扶養控除ではなく「児童手当」が対象となります。

ご職業
入居予定の年

入居予定は平成26年4月1日以降の入居かつ消費税率8%適応の方になります。平成26年4月1日以降の入居であっても消費税率5%で契約されている場合は控除条件が異なります。

課税所得 万円

課税所得金額は、
「課税所得金額=収入-必要経費-各種控除」 になります。
3,000万円を超えた場合は、住宅ローン控除されません。

購入資金の条件

頭金 万円

マンション販売価格の10%~20%くらいが目安ですが、0でも問題ありません。

借入金 万円
ボーナス払い(総額) 万円

借入金の内でボーナスで返済する額を記入。
ボーナス払いをすることで、月の返済額が減ります。
(例)借入金2,000万なら最大50%の1,000万円まで設定可能

年利 %

金融機関や借り入れ期間によって変動し、1~3%くらいが目安です。

借入期間

2、3、5、7、10、15、20、25、30、35年のいずれかが一般的です。

※ シミュレーションの結果は、あくまでも目安です。詳細は販売センターまたは金融機関にてご確認ください。
※住宅ローンには上記金額以外に別途、諸費用がかかります(手数料や印紙税、保証料など) ので、詳しくは金融機関にご確認ください。

表示:
スマートフォン
PC